私が彼女と出会い系で知り合ったのは、結婚して8年目の26歳の頃でした。

夫婦関係は上手くいっていましたが、やはり新婚時のような妻から求めてくるような事は無くなっていました。

そのため、私がいつも頼んで妻に股を開かせてイクまでひたすら腰を振って、私だけが満足するSEXを3日に1度するだけのなんとも虚しい状態…

封印していた出会い系を再開しました。そして検索していると…

18歳中卒フリーター、上戸彩にそっくりの美少女を発見。

上戸彩似の美少女

「こんにちは!26歳の職人やってる妻子ありだよ!写メ見たら上戸彩にそっくりだったから会って見たいなと思ってメールしたよ!写メ見て会いたいって思ったらLINEしてね」と仕事のお昼休みに送りました。

「こんちは!最近ドラマの昼顔が流行ってからよく似てるって言われるようになった。嬉しいけど…ドラマのイメージで見られるのは辛いかな。」

「〇〇さんの写メ見たよ!大人のイケメンって感じだね!ウチがそっくりだと思ったのは玉木宏にそっくりだよね!マジで好きな俳優だからヤバイってか会ってみたいなって思ったからLINEしたよ」

「!ウチ今、〇〇通りのマックでバイトしてるんだ。18時時に上がれるからそれからなら〇〇さんとオール出来るよ!じゃあお仕事終わったらウチのマックに食べ来て!そしてどっか行こ?OK?」

「もちOKだよ!オレも朝ドラで玉木宏が有名になったら最近よく似てるって言われるけど…そこまでじゃないとオレ的には思ってるし…でも嬉しいよ。」

「じゃあ17時半までは〇〇ちゃんのマック行ってオレ制服フェチだから見て注文するからスマイルちょうだいね!じゃあお互いお仕事頑張ろうね」

と送ると既読になったので、急いで仕事を片付け愛車を飛ばしてすと、時間通りに彼女が働いているマックに到着。

上下山吹色の3超8部にキティサンダルで店内に入ると、彼女がマックの制服を着て私を見るなり最高のスマイルで「いらっしゃいませ~」と言いながら片手で手を小さく振って片目でウインクしてくれました。

彼女は162センチの38キロのCカップ、胸が小さいボンキュボンでした。ウエストは46センチしかありませんでした。

顔は年齢が年齢なので今の上戸彩では無く彼女と同年代の頃の上戸彩にそっくりでした。彼女も今の上戸彩の年齢になったら本当のそっくりさんになると思いました。

口も同じアヒル口で可愛いなって思っちゃいました。顔も背が低くて細いので体型よりは小さいと感じました。髪は前髪を作らない肩ぐらいまでのボブでカラーとかはしてない自然の黒。

私が制服姿を見た時は後ろで1つに縛ってバイザーを付けていました。ヤバイくらい可愛いかったです。

そして彼女の前に並んで他の客もいましたが彼女が

「ホントに仕事帰りで来てくれたんだ。〇〇さんやっぱ玉木宏だよ。でも玉木宏が絶対着ないような作業服着てるよね!でも私もその作業服好きだし。何食べる?」

「じゃあ〇〇ちゃんのおススメで良いよ!〇〇ちゃんも食べたかったら頼んで良いよ!だって後20分くらいでおしまいでしょ?」

「分かったあ!じゃあウチの分も一緒に頼んで会計するね」と言うと彼女が選んでくれたWチーズバーガーセットを2セット注文してくれました。

「支払いは?」と聞いていたので「クレジットで」と言うと、リーダーを私の方に向けたのでその隙に制服でぱつんと張ってるおっぱいを制服の上から指でツンと突くと、

「今はダメ!ここ出てからね」と言い他の客が見ていたのもあってか照れていましたが怒っては居ませんでした。プチ羞恥プレイってやつで萌えました。

「テーブル座ってて!持って行ってあげるから」と言われたので窓際の人からあまり見えない席に座りました。5分くらいすると彼女が、

「これ食べてて大人しく待っててね」と言いながら私の頬に軽くチュっとしたので彼女のお尻を制服のショートパンツの上からギュっと鷲掴みしました。柔らかくて弾力のある良い形のお尻でした。

彼女は口では「もう~」と言っていましたが…顔はにやけ笑顔でした。1人寂しく食べてると彼女が「お待たせ」と言って私服で私の横に座りました。

バイト着なので黒のフードパーカーに黒のスキニージーンズでアディダスの黒に白ラインのスニーカーで上から下まで黒尽くめでした。

「こうなるんだったらきちんとオシャレしてくれば良かった…」と言って若干凹んだので

「今の服だって通勤服なら普通に可愛いじゃん!そしたらオレなんて作業服のまんまだからもっと凹むじゃん」

「〇〇さんは職人だからその格好が似合ってるから良いの」と言うとまた今度は私の首にチュっとしてきました。

私的にはもうラブホOKサインと感じたので…

「じゃあラブホ行って遊ぼ」と言いながら彼女の割れ目にスキニーの上から指でなぞってマンコの穴に指先をプニっと押し付けながら言うと

「あ~ん!ラブホ行ったら好きなだけさせてあげるから!じゃあ行こ」と言って私の腕に腕組みをしながら彼女とバイト先のマックを出ました。

そしてマジェのドアを開けて彼女を乗せてから自分も運転席に座りました。彼女は私をじっと見つめては私が見ると目を背けるという事をラブホに着くまで繰り返していました。そんな彼女を可愛くも愛おしく思えました。

ラブホにマジェをインさせて彼女の手を握ってその場でお姫様抱っこして部屋に入りました。

潮吹き名器

「ウチ、ラブホ初めてなのに…お姫様抱っこで入れるなんて…絶対大人になっても〇〇さんとの今日の事忘れないと思う」

お姫様抱っこのまま私の首に手を回して私の唇に上手とは言えませんでしたが…一生懸命舌を絡めてキスしてきました。

そんな彼女を私はそっと優しくベットに仰向けに寝かせて、首にキスしながら上着から順番に優しく順番に脱がしていき彼女のピンク色の可愛い系のブラ姿にすると彼女は私から視線を逸らして…恥ずかしそうにしていました。

今度はスキニージーンズを脱がせ靴下も脱がせてあげました。そうするとブラとセットの可愛い系のピンクパンツでもうマンコの辺りがシミっていました。そしてそのパンツを下ろすと…

まだそんなに使い込んでいないキレイなピンク色のビラビラも一切無いマン毛もまだ薄くて毛も柔らかかったです。M字全開にして軽く舌で舐めるとそれだけで「あっダメ」って喘いでいました。

また上にいって彼女のブラを外すと、マンコ同様パイ毛も全く無いまだまだ仕込み甲斐のあるピンク乳輪と乳首を揉みながら舌と口で舐め回しました。

私が自分で服を脱いで全裸になってまだ立っていないチンコを見て彼女が

「ウチこんなに大きいちんぽ見たの初めてだよ!口入るかな?」と言いながら私を立たせたままで目をつぶりながら独学で覚えたであろうフェラで浅く咥えて始めました。

10分くらい一生懸命頑張ってくれましたが…やはり私の体は正直なので…全開にはなりませんでした。彼女が泣きそうになっていたので

「オレが今日調子悪いだけだから…〇〇ちゃんのせいじゃ無いからね」と言い慰めて再び彼女を仰向けにベットに寝させて彼女の足をM字全開にして指と舌を使ってクンニを本格的に始めると…

穴が狭くて指2本しか入りらず、指一本でGスポ攻めで舌でクリ舐めをすると「ダメ~」っと言ったので、指を抜くとキレイな潮吹きでは無くマンコ周りがビチャビチャになりながら潮吹きしました。彼女はこれが初潮吹きだと言っていました。

さすがにその場所はシーツが濡れて使えないので、彼女の足と腰を持って横にずらしてマンコ周りの潮を舐めてキレイにしてから、自分のチンコと彼女のマンコに唾を垂らしてゆっくりと彼女のマンコに。

彼女の表情と喘ぎ声を確かめながら最初は優しく10分くらいピストン。

だんだん彼女の喘ぎが大きくなってマンコがピクピクし始めたので。彼女の両足を正常位状態で太ももをまんぐり返し状態まで反らせた状態で太ももを掴んだままで更に今度は激しく奥まで入れては出してを繰り返し。

彼女の腰が痙攣し始めてマンコもピクピクしてきたので、更に激しく出し入れして彼女の喘ぎがどんどん激しくなって来てので更に奥ピストンで攻めると…

「もうイク~」と言ったのでチンコを抜くと今度はきちんと勢いのあるほぼ直線のキレイな潮吹きをしました。

またチンコをぶち込んで潮吹きをチョロチョロさせながら私ももう限界だったので、最後に激しく振りきってから彼女の口元に持っていき彼女の顔に自分でシゴいて顔射してクリームと潮だらけのビクビクなってるチンコをフェラしてもらいました。

彼女はSEXが終わった後はまるでレイプされたかのように私がマンコやアナルをイジっても無反応でアヘ顔でくたばっていました。なんかすごく久々に自分が動きまくったSEXでした。

やっぱり若い体はテクは未熟ですがあの張りとマンコのしまりはこの年代の使い込んでいないマンコじゃないと味わえません!
久々の潮吹き名器でした。

俺が潮吹き名器の美少女とヤレた出会い系はこれ!『ハッピーメールをチェック!!