私が彼女と出会い系で知り合ったのは20歳の頃でした。

結婚して2年目、子供もまだ1歳になる前でしたので、妻とは毎晩SEXしていて、きちんとイカせて満足させていたと思います。

テレビでよく見る幸せな家庭っていうやつなんだなと感じながら、仕事と家と毎夜のごとくチームの連中とホームグラウンドに集まってのドリフトと…全てが満たされていました。

そのため、この時期は自分から出会い系をポチる事はありませんでした。

でも自分が登録してある出会い系から美女のお誘いが来たときは別の話。タイプの娘だったときは、会って即ハメしていました。

そんなある日のお昼休みでした。メールの着信が鳴ったので開いて見ると…

森星似の女子大生

「初めまして!〇〇ってウチのタイプのエロメンだよね!あまりにもどんピシャだったからメールしちゃいました。ウチの写メ見ていいなって思ったら会って欲しいから…LINE待ってるね」。

早速彼女のプリ写メを見てみると…私が大好きなモデルの森星にそっくり。このサイトでは久々の超イケ女でしたので…

「今〇〇のプリ写メ見たよ!森星にそっくりじゃん。もう速攻で会いたいんけど…今仕事中なんだよね…今日って何時だったら都合つく?」

「マジで~!最近髪バッサリ切ってボブの黒髪ストレートにしたら良く言われるようになったんだ。ウチも実はパパがイギリス人だから森星と同じハーフなんだよね!」

「でも〇〇エロメンだから褒められると嬉しいしウチも早く会いたいよ!じゃあ〇〇が場所と時間決めて!こっちは15時以降なら何時でもOKだから。お仕事頑張ってね!ウチも午後の講義頑張るね!早く会いたいよ~!」

このLINEだけで即ハメ出来ると確信。

「ありがと!じゃあ19時に〇〇の大学の近くの〇〇っていうカフェで待ってて!また会社出る時LINEするからね」

「了解!じゃあそのカフェで待ってるね」

と彼女とのやりとりを終えて、久々の極上美少女だった事もあって、鬼のように仕事が片付きました。

ちなみに15時休憩の時に同僚に彼女のプリ写メを見せると…

「これはマジヤバイよ。オレと代わってくんない?」

「ダメだね!こんな上玉めったいないかんね」と言い同僚に見せつけてやりました。

なんとか18時過ぎに車で会社を出発して、彼女と待ち合わせしたカフェの前にクルマを止めました。て急ぎすぎてて会社出る前にLINEするのをすっかり忘れていたので…お店の前から

「ゴメン!会社急いで出たから…LINEするの忘れちゃった!今、カフェの前に着いたよ」と送りました。

「いいよ!ってかカフェの中まで〇〇のクルマの音響いてるから来たのすぐ分かったよ!早く入っておいで」ときたので場違いとは思いつつも、上下ワインレッドの3超8部でサンダルで店内に入りました。

彼女は私を見るなり「〇〇~早くここ座って!」と周り関係無しで大きな声で私に手招きしながら大きなおっぱいを揺らし満面の笑みで私を呼んでくれました。

彼女は本当に顔が小さくて8.5等身のナイスバディでした。173センチで42キロのFカップは森星並にスタイルがいいと思えるくらい彼女を見る度に思いました。

上は透け感バッチリのインナーキャミが透けて見える花柄のシャツ、下はワインレッドのロングスカートに生足で黒のショートブーツを履いていました。やっぱり大学生なのでオシャレさんでした。そして私が席に着くと

「〇〇の服とウチのスカートの色同じじゃん。ペアルックだね」と言ってそのキレイで大きな瞳と口角が上がったキレイな唇で私を見つめながら笑いました。

「でも~オレ、浮いてるよね?本当は着替えてから来たかったけど…〇〇に早く会いたかったから…ゴメンね」

「ウチはその格好好きだよ!だって大学の男子、モヤシばっかだから…男って感じでいいじゃん!〇〇にすごく似合ってるし。」と言ってくれました。

「今、路駐で止めてるからどっか違う駐車場あるお店行こ!」

「〇〇の言う事ならなんでも聞いてあげる!じゃあ行こ」と言って私の手をぎゅっと恋人繋ぎをしてくれてカフェを出ました。

そしてドアを開けて彼女を乗せて自分も運転席に乗りました。

「このクルマなんで後ろのシートも無ければパイプ?が骨組みのように付いてるの?ウチこういうクルマ初めてなんだけど…」とあれこれ質問攻めに合いながらもクルマを走らせ始めました。

いつもならこういうクルマ通りが少ない国道であれば結構フルブーストでマフラーからアフターファイアーを出しながら走るのですが、今日は超絶イケ女が乗っているので少しスピード抑えて走りました。

マフラー音でうるさいながらも車内で色んなトークをしつつ、スキンシップを取ってお互いの距離を縮めました。もちろん妻子がいる事もきちんと伝えました。

彼女はそれまで私が独身のフリーだと思っていたようで…一瞬表情が曇りましたが…

「そうだよね!じゃなきゃウチも写メ見ただけで自分からメール送らないしね!せっかくようやく理想の男子に会えてと思ったんだけどなぁ…でもウチ〇〇のパパでも〇〇が一緒に居てくれるなら…いいよ」

「嬉しいけど…オレが今度は〇〇にどハマりしちゃうから…割り切りなら会いたい時はいつでも連絡くれれば会うから…ねっ?」

と言うと彼女は5分くらい「う~ん。どうしようかな~」と悩んでいましたが…

「うん!分かった。じゃあウチが〇〇の代わりの男子が見つかるまで割り切りで」と言って運転中の私の頬にチュっとしてくれました。

「〇〇とエッチしたいんけど…ラブホ行って良い?」

「うん!だってお互い好きだったら自然な事でしょ!ウチも〇〇としたいし」

「じゃあちょっと飛ばすね」と言って軽く踏むで伸ばしてシフトチェンジすると、マフラーから「バンっ」とアフターファイアーした音に彼女がビックリして「きゃあ」と言って私の股間に隠れました。

「このエロ女」

「そうだよ!だって気持ちいいじゃん」と照れる事も無く自らエロ宣言をしていました。

そして目的のラブホに着くと、助手席に回りドアを開けて彼女の手を掴んでクルマから下ろしてあげました。

「こういう当たり前の事を〇〇は自然に出来るでしょ!ウチはただイケメンなだけじゃ無くて女性に自然にレディファーストが出来る〇〇が好きなんだ」

と言い今度私の腕に爆乳を当てて、腕を組んでプルンプルン大きな胸とお尻を揺らしながらラブホの部屋にインしました。

ハメ姿を鏡で見て喘いで興奮する彼女

部屋に入るやいなや、彼女はいきなり私をベットに仰向けで押し倒して、私のチンコに股ぎながら優しく舌を唇に絡めて来ました。

そして今度は上から順番に服を脱がせながら、私の体中を舌と唇で愛撫。パンツを下ろすと私のギンギンの使い込んだ黒光りした自慢のデカチンがピョンとパンツから顔を出しました。すると彼女が

「こんなデカイ亀頭のチンコ初めてだよ!しかもかなり元気良いし!なんか嬉しい」と言って私の亀頭にチュっとした後フェラで根元まで挿れようとしたので

「まだダメ!〇〇の服脱がせてから」と言って今度は彼女を抱きしめて反転して彼女を仰向けにして彼女と同じように舌と唇で愛撫しながら上のシャツとキャミを脱がせて今度は下にいきロングスカートを脱がせて黒のタビ靴下を脱がせてました。

彼女のパンブラ状態のキレイで股下が明らかに長くてキレイな足と指先を舐めました。ブーツを履いていたので若干汗臭がしましたがmそれすらも美味しく感じました。

彼女は足指を舐められると「アッ」っと可愛い喘ぎ声を出しました。

ブラパンはセットで黒に白のフリルがついたちょいエロちっくなブラパンでした。谷間がEカップだったので仰向けでも巨乳でした。

そして今度はベットの上で抱き合ってキスしながらブラを外しましたが、久々の天然Eカップだったので、それだけで興奮してしまいました。

彼女の薄茶色のキレイで大きな乳輪とピンと立った大きな乳首を舌と唇で舐め吸いながら、彼女を上にして69状態で彼女のパンツを下ろして脱がせました。

もう彼女のちょい黒マンコはテカっていました。しかもナイスなパイパンです。思わずクンニをする前にチンコを咥え始めた彼女に…

「これアナルまで全部脱毛したん?」

「うん!月1でブラジリアンワックスしてるんだ!昨日行ってきたばかりだから…めっちゃキレイなはず…行っておいて良かった」とチンコを咥えながらモゴモゴ喋っている姿がエロくて可愛いかったです。

ビラビラも毛1本も無いマンコとアナルを舐めながら指を挿れてを10分くらい続けると、最初はすごい声帯フェラで玉揉みをしながらそのキレイな髪を振り乱しては頭を激しく上下させていましたが…

腰をビクビクさせ初めてフェラが緩くなって私の太ももに爪を立て始めて喘ぎ声が激しくなってきたので、指Gスポ手マンの舌クリ攻めに切り替えてマンコのGスポを激しく中指で擦りながらこねくり回し、

舌でクリを攻め続けると「あ~」と激しい声を上げたので指を抜くと私の開けた口にほぼ全部潮吹きしました。

それをゴックンしました。今まで何人かのを飲んできましたが…彼女の潮はほぼ無味無臭でした。彼女のものならきっとウンチでも食べれると思えるくらいでした…

彼女は私の上に腰をピクピクさせながらフェラをやめてチンコ横の太ももに顔を埋めながら

「ウチ、初めて潮吹きちゃった!どんな味?」

「〇〇のは無味無臭で美味しかった!」と言うと安心した顔をしてました。

そして今度は私を立たせてその爆乳を両手で持ちながら私のチンコを挟んでヨダレを垂らしてヌルヌルにしてから亀頭だけをフェラしながらパイずりをしてくれました。

5分くらいされると我慢出来なくなったので、彼女のキレイな髪を掴みながら頭を抑えつけて自ら腰を振り彼女の口に出しました。彼女もゴックンしてくれました。

また声帯フェラでチンコを大きくしてもらって、彼女をケツ突き出しうつ伏せにさせて中腰バックでマンコのクリームがチンコに付くまで20分くらい突くと、

今度は彼女が私を仰向けに寝させて私のチンコに股いで自らマンコにギンギンになったチンコを挿れて、私のお腹に両手を置いて激しく爆乳を揺らしながらライディングし始めました。そして喘ぎながら

「〇〇のが私のマンコに挿ってる!イっイイ~」と鏡で自分が腰を振っている姿を見て更に興奮し始めました。今度は私に背を向けてまた自分でチンコをマンコに挿れて騎乗位で激しくライディングしました。

10分くらいすると彼女の喘ぎ声が「あ~ん」から「あっあっ」と変わり声が大きくなって、更に腰が激しくうねり始め奥まで深く挿れてきたので、私は彼女の細い腰を両手で抑えて彼女が腰を振りやすいようにして彼女のライディングをサポートしました。

私もイキそうだったので「もうイキそう」と言うと「中出して」と言ったので彼女と同時にイッて彼女のライディングでマンコ中出ししました。

私がイクと彼女のマンコは私のチンコを挿れたまま激しくけいれんしました。5分くらい彼女は私に背を向けて騎乗位で股いだまま汗びっしょりでした。

ゆっくり私のチンコを抜いて私のチンコをティッシュでキレイに拭いてくれてから、自分の精子だらけのマンコを拭いて私の横に寝そべって来たので、しばらく裸で添い寝。

その後、2人で仲良くシャワーを浴びてその日はラブホを出ました。

彼女は実は普段からピルを常用していたので、彼女とパパ関係にあった3ヶ月間は毎回中出しでした。こんなキレイな美少女と3ヶ月中出し生活出来たので最高でした。

その後は彼女にきちんとした独身の同年代の彼氏が出来たので割り切り関係は終了しました。また出会いたいです。

ハメ姿を鏡で見て喘いで興奮するのは彼女が初めてでした。今でも脳裏に焼き付いています。

美少女ハーフ大学生のセフレをゲットした出会い系はこれ!『ハッピーメールをチェック!!