私が彼女と出会い系で知り合ったのは23歳の頃でした。結婚して5年目でした。

妻や家族との関係は良好でしたしコレといってSEXにおいても不満もありませんでした。

私はこの1年間単身赴任で岐阜県でアパートで一人暮らしをしていました。

こちらに来てもう2ヶ月経っていましたが全然出会いがないので登録している出会い系サイトで女性を検索しました。

するとプリ写メが見るからにブルゾンちえみそっくりのギャルを発見しました。

ブルゾンちえみの家出ギャル

プロフを読むと「ウチは現在家出中です。誰でもいいので泊めて下さい。お礼は体で払います。」

となんともストレートだったので…いつもは美女としか会わないのですが…即ハメしたかったので

「初めまして。今、単身赴任で他県から来てアパートで一人暮らししてます。良かったら返信下さい」と送ると即LINEがきました。

「ありがとう!じゃあ早速、今日泊めてもらえますか?お願いします」

「良いよ!今日だけじゃなくて次の場所見つかるまでずっと居て良いよ!じゃあ今、仕事中だから18時以降だったら迎えに行けるよ!」

「了解です。じゃあ18時に〇〇通りのミニストップに来て下さい。待ってますね」とのちょっと愛想の無い文でしたが…

人助けだと思い仕事のピッチを上げて久々の17時に事務所を会社から与えられたADバンのどノーマルでミニストップへ向かいました。

何とか18時ちょっと過ぎましたがミニストップに到着。

「ごめん!遅くなっちゃった。今、駐車場にいるよ!」

「ウチも店内居るよ!」ときたのでクルマを降り上下白の3超8部でキティサンダルを履いて店内に入りました。

写メの不細工具合とぽっちゃり感が一致したので、雑誌を読んでいる彼女を発見して

「こんちは。オレも買いたい物あったから中入ってきちゃった。写メより全然可愛いじゃん」と心にも思っていない嘘で彼女に言うと

「いいよ。気使わなくて…自分で不細工なのは分かってるから…でもありがとう。」と言い私を見つめてニコっと笑いました。

「好きなの買って良いよ。全部出してあげるから」と言い2人で店内をしばらくウロついてお弁当からパンからお菓子などを好きなだけ買わせてあげました。

私もいつもコンビニか外食でしたので2人で1万超えましたが…そして彼女とコンビニを出てクルマに乗せました。

彼女は165センチの80キロのEカップでした。多分平均体重まで落としたらBくらいだと思いながら見ました。

髪は金髪にブリーチしたのが結構伸びててプリンカラーになっていました。肩ぐらいのボブに結構キツめのウエーブをかけたと思いますが…家出中で手入れもしてないようだったので…微妙な感じでした。

顔はまんまブルゾンちえみでした。私は吹き出しそうになりましたがこらえました。

そして彼女に「他にも行きたい所や欲しいものある?」と聞くと「ドンキ」と言われたので10分くらい走ったところにあるドンキホーテにクルマを止めて彼女の後ろをカゴを持って一緒に回ってあげました。

彼女:「じゃあまた全部お金出してくれる?だったらインナーとか生理用品や化粧品も買いたいんだけど」

「うん!良いよ欲しい物は全部このカゴ入れて」と言い彼女の後をついて回り、ブラパンやナプキンやタンポンに化粧水からファンデまで1時間くらい店内を回って、彼女の物だけを買ってレジで精算しました。3万越えでした…

彼女:「このお礼はお家に行ってからするね」と私に言い私はまた袋を持って彼女とドンキを後にしました。

さすがにもう20時過ぎていたので彼女に

「オレお腹空いたから…ハンバーグ食べたいからビックリドンキでいい?」

「ご飯もゴチってくれるの?ほんと優しいね」と言い顔が更にスマイルになりました。

そしてまたクルマを走らせて近くにあったビックリドンキに入りテーブル席に対面で座り、私はおろしハンバーグセットの400gを頼み彼女にも聞くと「同じで」と言われたので400gのハンバーグを2個頼みました。

さすがデブはすごいと思わず思いました。そしてハンバーグが来るとよほどしばらくまともなものを食べていなかったのか…

私と一切会話もせずに私が1/3食べた頃にはもう完食していました。

まだ物足りなさそうだったので…彼女が食べたいものを注文させて食べさせました。まるで豚が餌を食べてようでした。

私がハンバーグを食べ終わった頃、彼女は400gのハンバーグセットを2個にケーキからヨーグルトジュースまで…逆に他人の金でここまで遠慮なく食べれる彼女に関心しました。

そして私も食べ終わったので彼女に「じゃあもうアパート行っていい?」と聞くと「うん!」とすごく上機嫌な声で頷きました。

そして会計を済ませるとまた1万越えでした。正直この時点で彼女に5万以上使っていたので…冷静に考えると本番ソープでお金を払ってハメた方が良かったと後悔しました。そして彼女を乗せて自宅アパートに着きました。

亀甲縛りからアナルセックス。最後は中出し

そして彼女を部屋に入れると「ウチの部屋と違ってすごくキレイ…やっぱり結婚してると違うね」と言いソファにそのデカい尻と三段腹を乗せてくつろぎ始めました。

彼女がソファに座ると私の座るスペースが無くなったので…私はさすがにここまで常識の無い女は初めてだったので…だんだんムカついて来ました。

すると彼女がそれを察したのか「じゃあ約束通り好きにしていいよ」と言ってきたので「じゃあまずはシャワー浴びてきて!」と言い彼女にシャワーを浴びさせてその間にクルマに積んでいたトラロープを持ってきました。

そしてバスタオルを巻いただけの彼女が上機嫌で出てきました。

彼女に「亀甲縛りでプレイした事ある?」と聞くと「無いよ…したいんだったらいいよ」と言ったので以前違う女性で実践してたので…

そのブヨブヨの腹と穴が出て来ないドス黒マンコと脂肪だけの偽爆乳でドス黒デカ乳輪を見ながら、何とか肉がはみ出しまくりのボンレスハム状態の亀甲縛りが完成しました。

そして彼女を正座させて頬を平手でスパンキングしてから、自分で服を脱いでフルチンになって彼女の口を片手で開いてもう片手でそのプリン頭を抑えて自ら腰をガンガン振って喉奥まで突きまくりました。

すると彼女がウミガメのように目から涙を流しながらチンコを咥えた状態で「止めて」と言いましたが、一切聞かずに更に喉奥の声帯までぶち込んで口出ししました。

彼女は胃液と一緒に口から精子を出して自分の首と胸に垂らしました。

そして泣いている彼女の頬をチンコでまたペシペシ叩きながら、またしゃぶらせてチンコが大きくさせ、うつ伏せでケツだけ突き出させて、マンコに唾を垂らして指でマンコをめくって穴を出して、クンニ無しでGスポ指攻めで10分くらい出し入れすると

「イグ~」と泣きながら勢いよく潮吹きしました。

今度はそれをマンコとアナルに塗りたくって、どう見ても1回もしていないアナルにいきなり何も言わずに根元まで一気にに突っ込みました。

すると彼女は「ちょっと~痛い!」と言いましたが無視です。

そして両手で尻が真っ赤になってミミズ腫れになってもスパンキングしながら、2穴で交互に突きなが30分ノンストップで振り亀甲のロープを引っ張りながら最後は彼女の髪の毛を引っ張ってマンコで突きまくって中出ししました。

彼女は泣きわめきながら「やめて~やめて」と口では言いながらもマンコとアナルと腰はビクビクイッてました。

そしてまた正座をさせて口に突っ込んでキレイにさせて彼女とのSEXは終わりました。

そして私は服を着て泣いている彼女の亀甲ロープと両手を解いて、精子やマンコも拭かせないで服と買ってあげたものを持たせて部屋から出しました。酷いと思われても構わないと思いました。

最悪の女性でしたが、あそこまでスパンキングしたのは彼女が初めてだったので…そういう点は良かったですしマンコ中出しはやっぱり気持ちいいです。

こっちも貢いだ分は取れたと思います。

俺が欲望のままにセックスできた出会い系はこれ!『ハッピーメールをチェック!!