私が彼女と出会い系で知り合ったのは20歳の頃でした。妻と結婚して2年目でしたが、この時期は子供がまだ1歳になって無かった事や2人だけで面倒見ていた事もあったので…結構些細なことでケンカをしたりという事が多かったです…

そうなると妻を抱く気にはなれませんでした…

そんな時はいつもお世話になっている出会い系サイトで女性をゲットしては、1夜限りの激しいSEXをして自分の性欲を満たしていました。

そんな時でした。

本田翼似の現役J◯

プロフには18歳のJKと書いてあったので、それをそのまま信じて彼女に

「初めまして!プロフ写メ見たよ!本田翼にそっくりだね。オレ写メとプロフ見て気に入ってたら会って欲しいから…LINE待ってるね」と送りました。

するとちょうどお昼だったせいもあってか即LINEで

「プロフ写メ見たよ!イケメンだね。最近ショートにしたらよく言われるんだ!でも嬉しい。じゃあ18時に〇〇通りのセブンで待ってるから迎えに来てね。絶対だよ」ときました。

「じゃあ何とか仕事終わらせて18時にそのセブンに間に合うように行くから待ってて」と送りその後は何とか18時に間に合わせるように仕事を片付けました。

そして17時50分くらいに車を飛ばして待ち合わせのセブンに向かいましたが、着いた時間をみると10分過ぎていました。

「ごめん。必死こいて仕事片ずけたけど…遅れちゃった!今セブンの駐車場にいるよ」

「もう~遅いじゃん!すっぽかされたかと思ったよ…じゃあ店入って来て」ときたのでクルマを降りて店内に入りました。

「その作業服ヤバイ…写メよりイケメンだし!どうしよ!」と言い目をハートにさせて私を食い入るように見つめてきました。

「だしょ!オレこの作業着が着たくて職人になったからね!この格好が1番楽で動きやすいから大好きなんだ!ありがと。でも〇〇ちゃんだって写メより本田翼だよ!マジイケ女だね」

「もう~そんな言われたらなんでも許しちゃでしょ!このエロメン」と言って私の胸を叩いたので私もお返しで彼女の胸をパーカーの上から鷲掴みしました。

なかなかの大きさの弾力のある張りのあるおっぱいでした。

そして「本当に~もうエロメン」と言いながらも顔は笑って喜んでいました。この時点でハメれる事を確信しました。

彼女は上がパープルのフードパーカーに下は黒のスキニーパンツにスニーカーというラフな格好でした。髪型は本田翼をパクったショートヘアで若干カラーでブラウンでした。

ルックスは165センチの43キロのDカップでしたので、1◯歳とは思えないナイスバディでしたし、それで顔は本田翼なので文句のつけようがありませんでした。

またこの時期は本田翼が売れまくっていたので…彼女と店内でじゃれてた時も男性客は1度は彼女を見て止まってしまうので…
そのくらい似てたんだと思います。

因みに私が彼女が1◯歳と知ったのは彼女とハメ終わってからです。

「どこ行こっか~?」

「とりあえずご飯食べよ」

「じゃあここで買って行って私の家で食べよ」

「いいん?オレみたいなの行ったらパパママキレるんじゃない?」

「大丈夫だよ!ウチ、ママだけだし…ママは高級クラブやってるから…それに今日は帰らないって言ってたから」

と言いました。私もそうでしたが親がいない1人の食事は、結構小さい頃からやっていても寂しく感じる時があったので…彼女の寂しい気持ちは分かりました…

「好きなもんなんでも買っていいよ」と言って私は両手にカゴを持って2人で食べたい物を容赦なく入れました。

会計すると2カゴで2万超えましたが…カードで決済すると「大人だね~」と言い「ありがと」と言って店員の前で私の肩に両手を添えて頬にチュッとしてくれました。

そして2人で店を出てトランクを開けて買い物袋を入れて、助手席のドアを開けて彼女に「乗って」と言うと「なんか社長の気分だね。クルマも真っ黒だし」と言い笑いながら乗ってくれました。

そして私も運転席に乗ってこのセブンから5分ほどの場所にある高級マンション横に路駐して、両手に買い物袋を持って彼女の後を着いて10階にある彼女とママの部屋に入りました。

さすが高級クラブのママさんだけあって自宅の中は常にいい匂いがしてすごくキレイでした。テーブルも大理石でした。

彼女もあと数年したらママと同じになるんだろうと思ってしまいました。

そしてその大理石テーブルに買ってきたお菓子やデザートや弁当やパンなど全て出して、8人は座れるであろう本革の大きくて長いソファに座り、私は本当にお腹が空いていたので彼女そっちのけで食べまくっていました。

初アナルの女子◯生に中出しセックス

ふと彼女をみると彼女はハートの目で私を見つめていたので

「なんかオレの顔付いてる?」

「今ね!ウチの胸がキュンってなったの!男の人見て初めてだよ!しかもまだ会って数時間しか経ってないのにね!」と言い更に私を激しくそのクリンと大きな目でエロちっくに見ました。

「じゃあこれ食べたらエッチしていいん?」

「うん!だから早く食べて」と言い私のチンコをズボンのジッパーを下ろしてパンツに手を入れて指で裏スジや玉を揉み始めました。

私はその状態で食べ終わると今度はパンツからチンコを引っ張り出してズボンを下ろさない状態で、1◯歳とは思えない濃厚で激しい声帯ディープフェラが始まりました。

また片時も私から視線を外さずに胃液を垂らしながら、私のチンコ周りのズボンとパンツをビチャビチャにしながら10分ノンストップで自ら頭を振ってしてくれました。

口が小さい事もあったのでガチで事前に「イク」と言えない状態で彼女の声帯に口内中出ししてしまいました。

すると彼女はその精子と胃液を全て私のチンコに垂らして、自らスキニーパンツを脱いで黒のレースTバックを自分でマンコからズラして私のチンコに付いた胃液と精子を自分のマンコに指で塗りたくり、

私に股いでカエル状態でマンコに挿れて、私にきちんと出し入れが見えるように足で腰を浮かせながらゆっくりとピストンを始めました。

その状態で私は彼女のパーカーを脱がせて彼女の黒ブラを外して…もう1◯歳で若干黒くて使用感のある乳輪と乳首を胸を揉みながら舐め回しました。

すると彼女の喘ぎ声がどんどん激しくなってきたので…

両手で彼女の首を軽く締めました!一瞬、彼女がビックリしていましたが「大丈夫」と言うとまたアヘ顔で自ら腰を中腰でスイングさせました。

すると「もうダメ!イキそう」と喘いだので…

彼女が中腰の状態で首絞めのまま私が腰を振って子宮入口までガンガン突くと彼女は「イ、イッちゃう~」と言ってチンコが入った状態で腰とマンコをけいれんさせて私の顔を胸に両腕で抱きしめました。

そしてしばらくそのままで疲れたみたいで…そんな彼女をチンコを挿れたまま仰向けに寝かせて、私はズボンとパンツを履いたままの状態で今度は私が正常位で若干ビラっているマン毛の薄いちょい黒のマンコをチンコでこねくり回しながら、

激しく突きまくると…5分くらいで「あ~もう!イ、イク~」と喘いだのでチンコを抜くとその高そうなソファに勢いよく潮吹きしました。

そして私を見つめながら「やっぱエロメンだね!ウチこんなに潮吹きしたの初めてだし腰とマンコのけいれん止まんないんだけど…」と言ってアヘ顔で完全にイッていたので、

その間に自分も全裸になって、今度はそのソファで彼女を尻突き出し首絞め中腰バックで激しく休む事なく30分くらい突きまくりました。

途中から彼女が「もう穴が壊れちゃう~」っと言いながらも私のチンコは彼女のクリームで白光りしてました。

そしてまた「イク~」っと言ってチンコを抜くとソファに勢いよく2回目の潮吹きをしました。

そしてクリームで白光りしたチンコで今度はアナルでまた同じ態勢で10分ほど振りまくって中出ししました。

SEXが終わった彼女のマンコとアナルを見るとアナルが若干激しく突きすぎたのか潤滑が足りなかったのか…キレてました…

そして彼女に聞くと「アナルは初めてだったんだよ!でも首絞めが良かった…なんか興奮しちゃったし!あとウチ実は…1◯歳のJ◯なんだ!騙す気は無かったけど…1◯歳って言ったら絶対会わなかったでしょ?」と聞かれたので

「そうだね!でも〇〇ちゃんなら1◯歳でもいいかな!初めてだよ!こんなエロ可愛い1◯歳」と言うと私を見つめてまたハートスマイルしました。

1◯歳でここまでテクくて激しいSEXは彼女が初めてでした。機会があればママともSEXしたいと思ってしまいました。

俺がアナルもOKな現役女子◯生とヤレた出会い系はこれ!『ハッピーメールをチェック!!