私が彼女と出会い系で知り合ったのは22歳の頃でした。結婚5年目で、妻にこれと言う不満も無く、夫婦仲良くほぼ毎日SEXをしていました。

そんなある日の事でした。以前から登録していた出会い系からメッセージが届きました。

最近ほとんど利用していなかったので、久々の出会い系です。

相川七瀬似の美少女

彼女:「初めまして。プロフ写メ見ました。タイプなのでもしよかったら会ってくれませんか?私も写メ貼りつけてあるので気になったら返信くださいね」と言う内容でした。

早速彼女のプロフ写メとプロフをチェックして

俺:「可愛いね。じゃあとりあえず会おうよ。何時にどこ行けばいいん?」と返信しました。

彼女:「じゃあ今日は休みで家でゴロゴロしてるから、そっちが仕事終わったら家に迎えに来てクルマでドライブしよう?」

俺:「良いよ。じゃあ18時には仕事終わると思うから遅くても19時までは行けると思うから待っててね」

彼女:「うん。分った。じゃあそれまで家の事片付けしてすぐ出れるように準備しておくね」との返信。

その後は何とか18時に事務所を出る事が出来たので、車でカッ飛んで彼女の家がある街まで行きました。そして自宅と思われる前まで着いたのでホーンをファンファンと鳴らすと彼女が出て来ました。

髪はボブくらいの長さで今では珍しい金髪でした。ルックスは顔は若い頃の相川七瀬にそっくりのちょっとキツイ感じの美少女でした。

服はヤンキー定番のピンクのヒョウ柄キティーちゃんのベロアジャージのセットアップとキティーサンダルでした。そして私のセルシオの助手席に乗って来ました。

彼女:「こんちは。その格好大好き」っと言って私の作業服を褒めてくれました。

俺:「あんがと。じゃあどこ行こっか?」

彼女:「ウチまだ18なったばかりで免許もクルマも持ってないから…〇〇埠頭の海と夜景が見たいな」

俺:「良いけど…結構距離あるからこの乗りご心地と爆音耐え切れる?前乗せた女のコで途中でゲロしたコいたから」

彼女:「大丈夫だよ!前彼も同じようなクルマだったから慣れてるから…」と言ったので彼女が指定した〇〇埠頭の岸壁に向けて出発しました。

こっからだと1時間くらいの距離でしたので、クルマの中の話題はお互い中卒だったという事で何故か盛り上がりました。

また私の妻もキティーちゃんが大好きだったので

俺:「この前、家族でピューロランド行って来たよ」

彼女:言うと「いいな~!ウチも行きたい」と言って頬を膨らませて子供のように駄々を捏ねて足をバタバタさせていました。

あまりに拗ねていたのでクルマの中にあったUFOキャッチャーで取ったキティーちゃんをあげると、

彼女:「ありがとう。マジ嬉しい」と言い私の頬にチュッと軽いキスをしてくれました。

私もお返しにキスでは無くていきなり彼女の胸を服の上からわしづかみしました。残念ながら小さかったのでプニュではありませんでした。

彼女:「がっかりでしょ?ウチAカップだから…」と開き直って言いました。

俺:「まあ顔が可愛いから良いんだよ」

彼女:と「Aカップって言って引かなかった人〇〇が初めてだよ」と言ってすごいスマイルでこちらを見つめて笑ってようやくテンションが良くなりました。

そんなやり取りをしていると彼女が指定した〇〇埠頭の岸壁に到着しました。私も岸壁は久々だったので先に降りて助手席のドアを開けて彼女の手を握って下ろしてあげました。

彼女:「やっぱり既婚者のイケメンは手慣れてるよね!でも嬉しいかも」と言い俯きながらちょっと顔を赤らめていました。

そしてそのまま手を繋いで、彼女と岸壁の上に座って辺りが真っ暗の海を2人で彼女の肩に手を回して抱き寄せて30分くらい2人で眺めていました。その間も色々な話をしました。

彼女は私と同じで両親に捨てられて祖母に育てられたと言っていました。現在も高齢の祖母と2人暮らしだと言いました。高校もお金の問題で諦めたと言いました。

なのでお金を稼ぎたくても自宅をあまり空ける事が出来ないので辛いと言ってました。

仕事は自転車で通える範囲に小さなスーパーがあるのでそこでのアルバイトのみと言っていました。そんな話を聞いて彼女の顔をふと見ると切れ長のキレイな瞳から涙が流れていました。

私はそっと親指で彼女の涙を拭い

俺:「大丈夫だよ。オレも同じ環境で育ったけど…今こうして普通に暮らせてるから」

彼女:「奥さん幸せだね!ウチにもこんな素敵な彼氏出来ないかな~」と言ってため息をつきました。

俺:「じゃあ今日一緒にいる間だけは彼氏って思って良いよ」

彼女:「今、胸がキュンとした。じゃあ今日ウチの部屋に泊まってくれる?」

俺:「朝方には仕事あるから帰るけどそれでもいいんだったら」

彼女:「嬉しい」と言って私に抱きついてきました。

思わず我が子を思い出して頭をポンポンして撫でました。

外泊するのことになったの、友人に協力してもらい、「酔いつぶれたから泊まらせます。」と私の自宅に電話してもらいました。これでアリバイは完璧です。

そしてまた彼女の手を引き助手席に乗せ来るとき以上にカッ飛んで彼女の自宅につきました。勾配がひどくて敷地内にガリガリいいながら止めましたが…

Aカップスレンダー美女

そして二階の彼女の部屋に案内されました。いわゆるギャル部屋でしたが綺麗に片付いていました。ベットのカバーからカーペットまで全てキティーちゃんでした。

俺:「エッチしていい?」

彼女:「じゃなきゃ部屋入れないでしょ」と言って私にディープキスをしてきました。

私もキスを続けながら彼女のセットアップを上から脱がせていきました。そしてキティーちゃんのピンクブラを外しました。見事なAカップまな板でした。

またこの時点で黒い大きな乳首がピンと立っていたので舐めてあげると「イヤん」と喘ぎ始めました。肋骨が全て見えていたので私の理想のタイプでした。

そのまま下に手を伸ばしてこんどはズボンを脱がせました。するとパンツもブラとセットのピンクキティーちゃんでした。それを下ろすとモリマンな毛がびっしりのビラビラマンコが現れました。

俺:「いっぱいエッチしたでしょ」

彼女:「だって…ウチもエッチ嫌いじゃないし…求められたら断れないし…」

彼女:「じゃあ今度はウチが脱がせてあげる」と言って私の汗で臭い作業服を優しく丁寧に嫌がる事もせず脱がせてくれました。

そしてパンツを下ろすとパンツから半立ちした息子がこんにちはしました。

彼女:「〇〇だって人の事言えないじゃん。相当エッチしまくったでしょ!しかもデカイし!悪い子ですね」と言って私のチンコを平手打ちしてその後、今度は竿を握られて彼女のベットに押し倒されました。

そして仰向けになった私の顔に股を開いてビラビラアワビのマンコを愛液ダラダラで押し付けて来ました。

私は69で早速両手でビラビラを全開広げてムササビ状態にして口と舌で攻め始めました。彼女も喘ぎながら私のチンコにジュルジュル音を立てながらむしゃぶりつきました。

するとキスの時から思っていたのですが、歯並びが悪くて八重歯の大きいのが彼女がフェラでスイングする度に裏スジに当たって今まで味わった事のない気持ち良さだったので、思わず彼女の頭を抑えつけて気が付いたら自ら振りまくっていました。

そして10分くらい続けると我慢出来なくなったので

俺:「もうイキそうなんけど」とクンニをしながら言うと

彼女:「じゃあ出していいよ」と言われたので更に激しく振って口内射精しました。

すると彼女はそれを口に溜めて近くにあったゴミ箱に垂らして捨てました。久々に少し悲しくなりました。

彼女:「じゃあ今度はウチの番」と言ってベットに仰向けに寝ると足を自分で全開あげて開いて両手でビラビラを引っ張り私に

彼女:「早く」と甘い声で囁いてきました。

彼女の希望通りその使い込んだマンコにいきなり前戯無しで奥まで挿れました。

彼女:「当たってイイ~」と大きな声で喘ぎました。

彼女は正常位が好きなのは分ったので、そこからは時折足を閉じて見たり私の腕で更に全開に開かせて30分間突きまくりました。

いつもは胸が揺れるのを見てまた萌えるのですが…Aカップの胸は揺れないので、乳首を甘噛みしながら最後は突いてチンコを乳首の近くでシゴいて乳首と首にかけました。

彼女はもうトロントロンのアヘ顔で裸のまま横向けになって満足した表情でしたので…私がティッシュで彼女の乳首と首を拭いてあげました。

ふと時計を見るともう午前5時だったので彼女をきちんと布団の中に入れて

俺:「じゃあもう時間だから仕事行くね。また会いたくなったら連絡頂戴」と言って私は昨日と同じ作業服を着てまた彼女の敷地内をガリガリいいながら何とかセルシオを出してダッシュで何とか仕事に間に合いました。

見た目はヤンキーで心はクールな彼女でした。

俺がAカップスレンダー美女とヤレた出会い系はこれ!『出会い系サイトおすすめランキングベスト3をチェック!!