私が出会い系で彼女と知り合ったのは24歳の頃でした。結婚して6年目でした。

子供が幼稚園になった事もあって、もはや私は妻にとってはお金を持ってくる人になっていました。

そんななんとも言えない気持ちで毎日の生活を送っていたある日の事でした。仕事中にメールの着信音が鳴ったので開いてみると…

森川葵似のミニ女子に萌え

彼女:「初めまして!プロフ写メ見ました。私の好みなので良かったら会ってくれませんか?因みに彼氏はいないので…返信待ってます」

という内容のメッセがきたので彼女の写メをチェック。正直言うと普通レベルだったのだけど・・・

俺:「プロフ写メ見ました。彼氏が出来ないなんて世の中の連中は目が腐ってるんだよ!オレは普通に可愛いと思ったよ!仕事終わりで良かったらいつでも会えるけど…どうすれば良い?」

彼女:「ありがとう。じゃあ今日の20時にホームセンター〇〇の駐車場に来てくれますか?」

俺:「了解です。じゃあ20時にホームセンター〇〇の駐車場で白のアリストで待ってるから乗って来て」

彼女:「まじですか~。私アリスト大好きなんでマジヤバイです!じゃあ20時で。会えるのが楽しみです」と来たので黙々と仕事をして何とか事務所を19時に出れました。

彼女の指定したホームセンターは隣街だったので時間的にはギリギリでしたが、何とか20時に駐車場に着きました。

すると閉店した店から女性が歩いて来るのが分かりました。彼女はきちんと助手席に乗って来ました。

彼女:「私アリスト欲しかったんですけど~まだ全然お金貯まらなくって…キレイですね。〇〇さんも全然イケメンだし…このアリストいくらで買ったんですか?」

俺:「仲間から車検1年残りで10万円で譲ってもらったよ!欲しかったら売ってあげよっか?」

彼女:「マジですか?いくらですか?」

俺:「オレ、他にもドリ車も持ってるから…普段乗りで仲間から買ったけどオレはそんな好きになれなかったから…じゃあ5万でいいよ!」

彼女:「約束ですよ」

俺:「じゃあ運転してみる?」

彼女:「うん!マジヤバイ」と言って彼女が運転して私が助手席に乗ってその近辺をドライブしました。

お腹が空いたので彼女の運転のままマックのドライブスルーに入って、限定バーガーのセットを2個頼んで私は彼女に飲み物やポテトやバーガーを暇を見ては「あ~ん」で食べさせてあげました。

彼女:「じゃあアリストのお礼じゃないですけど私の体を5万で売るってどうですか?」

俺:「良いけど~バージンじゃあないもんね!アナルは?もうしちゃった?」

彼女:「マンコはバージンじゃないけど…アナルはまだした事ないですよ!」

俺:「じゃあ君のアナル5万で買ってあげるから、このアリスト名変して君名義にして渡してあげるから…その代わりオレのSEXの全てを拒否ったらアウトだかんね!オレかなりSEX激しいから…大丈夫?」

彼女:「私も嫌いじゃないしそんな激しいSEXは今まではした事無いけど…〇〇さんとのSEXなら全て受け止められるかも」

俺:「じゃあとりあえず〇〇地区の〇〇ってラブホに行って」と言うと彼女は覚悟を決めたのか真剣な顔でそのラブホまで運転しました。

アナル初体験の彼女を開発

ラブホに着くと彼女の手を引いていつも利用している部屋に入りました。

彼女は148センチの40キロのCカップでした。久々のミニ女子で萌えました。

顔はセミロングで緩いパーマをかけてあったので背伸びで色っぽい感じです。髪型は違いますが女優の森川葵にそっくりの美少女でした。

彼女にディープキスをして舌を絡めました。彼女も下手ながら一生懸命絡めて来ました。その後は彼女のフードパーカーや黒のジーンズをキスして舐めながら脱がせていきました。そしてパンツとブラの姿にさせました。

何故か靴下が黒のハイソックスだったので変だなと思いつつも萌えました。ブラとパンツも色違いのかなりくたびれたブラがグリーンでパンツはブルーでした。

彼女:「今日こういう事になると思ってなかったから…ハズいよ」

俺:「みんなこんなもんだから…気にしないで」と彼女を慰めてブラとパンツを脱がせました。

黒ハイソックスはそのまま最後まで履かせたままです。するとやはり経験人数が少ないのかどちらともキレイなピンク色で、マン毛もまだそんなに生えてなくて中学生かと思ったくらいでした。

そして彼女の両手と両足をバスタオルで縛ってから、私も自分でフルチンになってベットの背中に彼女を寄せかけて彼女の口にチンコを持って行きました。

最初は自分で竿を持ってフェラさせ、大きくなってからは彼女の頭を抑えて彼女の小さな口の喉奥まで突っ込みました。

彼女も涙目になりながらも上目遣いで私の目を見つめながら、私の腰つきに耐えてその姿がたまらず10分くらいで彼女の口に口内射精。

彼女は初めてだったみたいで、そのまま自分の胸にダラダラ垂らしました。私はそれを指で掬って彼女の足だけタオルを解いて股を全開開いて、マンコやアナルに潤滑剤がわりでネチョネチョさせてならしました。

彼女もだんだんのってきたのか良い喘ぎが出始めたので、くたびれたシミパンを口に咥えさせて、フェイスタオルで口を縛って彼女の手を縛られた状態に。

大好きなまんぐり返しで全開足を開かせて、彼女の太ももを掴んで最初はマンコにゆっくり挿れてゆっくりピストン。

チンコにクリームがつき始めたら、今度はアナルに超ゆっくりの頭の部分だけを挿れてを30分繰り返すと、ようやく彼女がいい感じでアナルに慣れて来たので、まんぐり返し状態で一度マンコ穴だけでガンガン突いて潮吹きさせました。

今度はその潮をアナルにつばと混ぜて指で充分ぐちょグチョにして、思いっきり奥まで挿れて彼女のキレイな瞳から涙が出ようが喚こうが、お構い無しでガンガンついてアナル中出しでイキました。

彼女:「最初は痛かったけど、もう平気だしこんなエッチ初めてだけど犯された感があって気持ちいいかも」

と言ったので、今度は口のタオルを外して手をベットのパイプの部分に結んでケツを突き出させて、2穴交互挿入で彼女のアナルで突いていると・・・

「イッちゃう」と言って2回目の潮吹きをシーツにしました。すかさずそのままの状態で今度はは指でGスポット攻めで3度目の潮吹きさせました。

もう彼女も喘ぎ過ぎて声が枯れていましたが、再び手を縛ったままで最後は正常位で全開股を開かせ足を手で抑えながら子宮にガンガン当てて突きまくってチンコを抜いて彼女の顔に顔射でフィニッシュ。

その後は彼女の顔をティッシュで綺麗に拭いてあげて、マンコやアナルもきちんと拭いてあげてブラやパンツや服も着させてあげました。

彼女はSEXが終わった後、しばらくアヘ顔で果てていましたが服を着終わらせた頃には元気になっていました。

彼女:「これで私が欲しかったアリストもらえるならいくらでも〇〇さんとエッチしたいかも!こんなに激しく攻められたの初めてだったけど!本当のエッチを知った気がする」と言って私にディープキスをしてきました。

そして彼女を自宅近くまで送って後日、彼女のお父さん名義で仕事の合間を見て車庫証明から陸事に行って所有者変更もして2週間後、彼女にアリストをパパ名義にしてあげました。

今でもあの時の満面の笑みを忘れません。私も自分では気付かない性癖がある事に改めて気付かされたSEXでした。

俺がアナル初体験のミニ女子とヤレた出会い系はこれ!『出会い系サイトおすすめランキングベスト3をチェック!!