私が彼女と出会い系で知り合ったのは35歳の頃でした。

結婚して17年目でしたので…妻とはもはや同居人でしかない状態でした。

さらに子供もこの彼女と同い年でしたので、今考えると複雑な気分になります。

そんな寂しい気分と若い女性とSEXがしたくなったので、以前から登録してある出会い系で現役JKで美少女だけに絞って検索しました。

すると同じ市内の高校に通う美少女JKがヒットしました。

宮脇咲良似のイケ女

俺:「プリ写メ見たよ!すごく可愛いよね!35のおっさんだけどプロフ写メ見て気になったらLINEにトークしてね」とLINE IDも添付してメッセージを送りました。

彼女:「可愛いだなんて…ハズいじゃないですか~!プロフ写メ見ましたよ。全然35に見えないし22くらいでも詐欺れるんじゃないんですか~!私はイケメンだと思ってのでトークしました。」

彼女:「今、授業中だけど…良かったら今日もウチバイトなので22時にバイト先の〇〇の駐車場に迎えに来て欲しいな~。待ってま~す」

俺:「もち〇〇ちゃんの指名ならどこへでも行くよ。じゃあ22時に〇〇の駐車場で待ってるね」

彼女:「ラジャー」と返信が来たので、その日はチンコがムズムズして彼女の事を思い出してはチンコが半立ちしてました。

そして現場から事務所に戻って事務仕事を片付けて、彼女のために21時には事務所を出て車で向うと、彼女のバイト先の駐車場に20分くらい前に着きました。

車内にモニターを6個埋め込んだオーディオカーなのでKーPOP好きの私はMOMOLANDのPVを全開で聴いて彼女を待っていました。

そして22時になると黒のスキニーパンツに赤のフードパーカーの彼女が運転席の窓にへばりついて室内を覗いて、変顔をして私を見ていたので窓を開けると・・・

彼女:「このクルマなんでこんなにいっぱいモニター付いてるんですか~?しかも全開ノリノリじゃないですか!ウチもMOMOLANDハマってるんですよ!今、ウチ達の年代でKーPOP熱いですからね~!やっぱり22で詐欺れますよ。しかも写メよりもっとイケメンだし。中乗って良いですか?」

俺:「だから来たんじゃん!〇〇ちゃんも全然イケ女じゃん!助手席乗って!」

彼女:「失礼しま~す」っと言って助手席にちょこんと座りました。

彼女は156センチの45キロのCカップでした。スタイルは普通でした。顔はHKTの宮脇咲良にそっくりの美少女でした。

髪も肩ぐらいのボブの黒髪でキューティクルでモニターの光でも分かるくらいツヤツヤでした。

彼女が乗ってくるとバイト終わりとは思えないほどフルーツ系の甘い匂いが車内に充満しました。思わず我慢出来なくなり彼女の髪を手で撫でながら顔を近づけて髪の匂いを嗅ぎながら口でパクッと噛んでしまいました。

彼女:「〇〇さん、Sですか?ウチドMなんで…合いますね!」と言って私の坊主の頭をペンペンしました。

そんな彼女を見てまだあどけないと思いつつも萌えてしまいました。私は制服姿を期待していたので

俺:「制服は?家帰ってからバイト来たの?」

彼女:「そうですよ!制服見たかった?超ミニだからパンツ見えちゃうけど!でもスパッツ履くと蒸れるから…いつも生パンなんだ~!じゃあ今度は着て来てあげるね!」

と言って私の頬にチュッとしながら私のチンコを作業服の上からギュッと握りました。

俺:「ウッ」と声を上げると

彼女:「この大きさヤバイよね。挿れてみたいな~!じゃあここだとハズいからウチの家の近くに大きな空き地があるの…そこでしよっか!」と言いました。

やっぱり今の女子は積極的だなと改めて思いました。

俺:「じゃあ案内して」と彼女に言いクルマのモニターを消して中が見えない状態で、彼女の案内通りその空き地に向かって走りました。10分くらいでそのだだっ広い空き地に着きました。

はじめての潮吹き。浅い可愛いフェラに萌え

俺:「じゃあエッチしちゃうよ?アナル好きなんだけど!ダメ?」

彼女:「今日はクルマの中で狭いから…ウチまだアナルは未経験だから優しくゆっくり挿れて欲しいから!今日は穴だけで我慢して」と言い私の唇にディープキスで下手でしたが舌を絡めて来ました。

私も負けじと彼女の口に長い舌を入れてねっとりと焦らしながら絡めつつも、パーカーの中に手を入れてブラのホックを外して小さなオッパイと乳首を攻めて立たせました。

すると彼女が「後ろの席でしよう」と言ってドアを開けずに後部席に移動しました。私もドアを開けずに後部席に移動しました。

そしてまた続きを始めました。今度は彼女のスキニーを下ろしてブラとお揃いのピンクのフリフリが付いた黒のエロパンを脱がせました。

クルマがセダンで狭いので、彼女を四つん這いにさせて私が後ろに回り、片手で割れ目を開いてもう片方の手で穴をピストンさせながら舌でイジリーばりの高速ベロで10分くらいすると・・・

最初は「あん」と可愛く喘いでいたのが、イキそうになったのか私が指でGスポットを擦りながらピストンしまくると「ダメ~ダメっ」と言い始め私の手に潮吹きして本革シートにかけました。

彼女:「ウチ初めて潮吹きしちゃった…友達が言ってた通りだった!自分じゃ止めれないんだね!ごめんなさい。シート汚しちゃった」

俺:「良いんよ!拭けば大丈夫だから…それよりきちんとイッてくれたんが嬉しかったよ」と言い一旦エッチを中止してクルマに積んであるティッシュでシートと彼女のビチャマンコも拭いてあげました。

そして今度は私がズボンとパンツを脱いでシートにチンコを出して座って、彼女に浅い可愛いフェラをしてもらいました。

彼女の下手だけど真面目に目をつぶってフェラしている姿にもう5分くらいで私のチンコはギンギンになったので、また彼女を四つん這いにさせてバック。

最初は優しくまた彼女の喘ぎが「ダメっ」と変わったタイミングで片足を上げて、子宮に当たるように激しく突きまくりました。

またチンコを抜くと彼女は勢いのない潮吹きでイキました。私はそのまま手でシゴいて彼女のキレイなお尻に精子をかけました。そしてティッシュで彼女のお尻とマンコをキレイに拭いてあげました。

拭いてあげたお尻にチュッとキスをすると

彼女:「〇〇さんとエッチして良かった!初めて潮吹きしちゃったし」と言って可愛いキレイな顔がさらにトロトロになって…可愛いかったです。

そしてお互いにパンツとズボンを履いて前席に移ろうすると…勝手にドアが開きました…なんと彼女のパパが腕組みをして鬼の形相で仁王立ちしていました。

父親:「お前はもう家の中入ってなさい」と言って彼女を私から離しクルマから引きずり出すと…私の顔をいきなりグーパンで左目を殴られました。

父親:「今度ウチの娘に手出したら警察に突き出すかんな!早く帰れ」と一方的にキレて自宅に戻って行きました。

翌日は左目がパンダでしたが…あんなキレイでかわいいJKとSEX出来たならなんて事無いので…

そのあとは彼女と一切連絡が取れなくなり出会い系サイトからも彼女は消えていました。今時珍しい熱いパパでした。

俺が宮脇咲良似のJKとヤレた出会い系はこれ!『出会い系サイトおすすめランキングベスト3をチェック!!